ソーシャルトレード.jp

注目されるソーシャルトレード/ソーシャルトレーディング

ソーシャルトレードとは、facebookやtwitterのようにソーシャルでFXトレーダーがつながりながら取引をするFX取引のことをいいます。ソーシャルトレーディングとも呼ばれています。

日本では、システムトレード(シストレ・自動売買)が未だに主流ですが、ソーシャルトレードはシストレの進化形と言っていい最先端の取引方法なのです。

これは、facebookやtwitterと同じように世界的に欧米を中心として人気が集まっており、今後日本でもソーシャルトレードが主流になっていくと言われています。

ソーシャルトレードのメリットは何?

1.他人のトレードに「のっかる」ことができる

ソーシャルトレードでは、Aというアカウント名の人のトレードやBというアカウント名の人のトレードなど、ほかの人がどうやってトレードしているのか?を見ることができます。見て参考にするだけではありません。

勝率の高い人がいたら、その人と同じトレードをするように「のっかる」設定ができるのです。

今までは、初心者の方でプロ並のFX取引をしたい場合は、システムトレードという自動で機械的に取引をするプログラムを使うのが一般的でした。

しかし、システムトレードはどこまで行っても機械的な取引が中心になるため、急な相場変動に対応できなかったり、すぐにその手法が通用しなくなったりと、自動であるがゆえにデメリットが多かったのです。さらに、どんなに優秀なトレーダーがいても、プログラムの技術がなければシステムトレードのストラテジーとして世に出てくることがなかったため、勝てるストラテジーもひとにぎりのものだったのです。

しかし、ソーシャルトレードでは、勝率の高い方にのっかることができるため、初心者でも、システムトレードよりも簡単に、FX取引で勝てる可能性が高くなるのです。

しかも、そのFXトレーダーは、システムトレードのストラテジーとは違って、環境が変わっても自分で微調整してくれることでしょう。ソーシャルトレードでは、良いFXトレーダーを見つけることができれば、初心者でもプロ並みのトレードがすぐにできるのです。

2.パソコン、モバイル、タブレットどこからでも取引が可能

今までのFX取引は、パソコンにインストールすることで取引ができるようになっていました。アプリもインストールするプログラムを入れているため、重かったり、動きがよくないということが散見されている状態でした。

しかし、ソーシャルトレードでは、インターネット上のサービスにログインする形で取引をします。つまり、パソコン端末自体にインストールする必要がないのです。facebookを使うようにパソコンでもスマフォでも、ログインするだけなのです。

タブレットやスマフォが主役になり、軽快に操作できることもソーシャルトレードのメリットです。

システムトレードでは、24時間365日稼働できるFX専用のVPSサーバーを建てるという方法が一般的でしたが、月額3,000円ほどのコストがかかってしまうことを考えると、明らかにソーシャルトレードの方がメリットが高いと言えるでしょう。

3.ソーシャルトレード参加者のトレンドが分かる

今までのFXでは、為替相場の推移がメインの情報でしたが、ソーシャルトレードでは、トレーダーすべての情報がリアルタイムにわかるため、どの通貨に人気が集まっているのか、どういうトレードをしている人が多いのか、様々なトレンド情報が入手できます。普通にFXトレードをしている人よりも、貴重な判断材料が増えるのです。

おすすめのソーシャルトレード活用法

FX取引が初心者

  • 勝率が良い方のトレードにのっかるコピートレードを利用して、いきなり上級者と同様のFXトレードを行う
  • ほかのFXトレーダーとソーシャルでつながり、友達になりながらも有効なアドバイスを入手する
  • 勝率の高い人の過去のトレード履歴を参考に勉強する

FX取引の中級・上級者

  • ソーシャルトレード参加者のトレンド情報を新たな判断材料にトレードの勝率を上げる
  • 初心者へのコピートレードの販売によって利益を得る
  • ほかの上級者のFXトレーダーとソーシャルでつながり、有益な情報交換を行う

ソーシャルトレードのデータ

ソーシャルトレードで、世界No.1の実績を誇るのがeToroという海外FX業者です。公開されているデータを紹介します。

優秀なFXトレーダーの取引をコピーできるコピートレードは64%

3年間で5,000万トレードの実績があるeToroですが、なんとそのうちの64%がコピートレードなのです。これはつまり、どれだけコピートレードに人気があり、ニーズが高いサービスなのかを証明しています。

ヨーロッパが半数を占める利用者

  1. ヨーロッパ:49%
  2. アジア:8%
  3. アメリカ:6%
  4. アフリカ:4%
  5. 豪州:4%

日本では、まだほとんど話題にのぼっていないソーシャルトレードですが、一番活発なのは、ソーシャルネットワークが進んでいるヨーロッパでした。日本が何%なのかはわかりませんが、これからの伸びに期待しましょう。

おすすめのソーシャルトレード 「eToro」

ソーシャルトレードを2007年から開始しているソーシャルトレードのパイオニア企業。世界140ヶ国以上の275万人のユーザに利用されているほど、ソーシャルトレードがシンプルで使いやすいことに定評がある。毎日数千件の新規口座が開設されている。

また、世界最大規模のトレーダーが参加しているソーシャルトレードコミュニティのため、優秀なトレーダーも多く、コピートレードで儲けることができるコピー候補が圧倒的に多い。収益率別に見やすいランキングでトレーダー検索が可能。

s8

s3

eToroのソーシャルトレード無料の口座開設はこちら